無職無収入の専業主婦がキャッシングする時

キャッシングを行うには金融業者の審査に通過する必要があり、この審査は業者によって基準が違うものの、共通点としては返済能力がある事をチェックします。

安定した収入の流れを持っている事は重要な要素であり、年齢や職業、収入、借金歴等の要素でチェックされますが、ここで無職無収入状態の専業主婦がキャッシングしたい場合どうするかと言うと、業者によっては条件次第で借入が可能です。

消費者金融の場合は本人に収入が無い専業主婦は断られる事になりますが、銀行の場合は配偶者との婚姻関係と、配偶者の収入証明を行う事によって無職の専業主婦でもカードを手にしてキャッシングが出来る例があります。

専業主婦も急遽出費が必要な場面もありますし、一枚キャッシング可能なカードを持っておくと便利ですから、証明書類等を準備してカードローン審査に挑むのも良いでしょうし、配偶者の返済能力に依存する事になりますが、配偶者に返済能力があれば借入が可能という事です。

注意点としては借金返済時に延滞や滞納をしてしまうと、配偶者の信用にも関わってくる事になり、将来的に住宅ローン等の大きな借金を行いたい時に信用が低くて借入が難しくなる事もあります。

ですから借りたお金は計画的に完済出来るように使う事が重要です。


このページの先頭へ