ローン申し込みでの注意点

ローンの申込みで審査が有利に進むようにと、軽い気持ちで嘘をついてしまう人が多いようです。審査で落とされる原因となるありがちな嘘をまとめてみました。

勤務先の嘘

会社をクビになってお金がなく借金をする人がよくやるのがこれ。以前勤めていた会社を勤務先に書いてしまうこと。

でも借り入れ審査では勤務先に在籍確認の電話をしますから、あっという間にバレます。もちろん無職でお金を借りるのは難しいですが、虚偽申告はこれから先も貸してくれなくなることもあるので絶対してはダメです。

他社利用件数の嘘

他社の利用件数や残債を少なめに申告する人がいます。でもこれ聞かなくても調べれば分かるんです。

個人信用情報に登録されているので調べたら一発です。もちろん必ず調べられます。だからウソをつかず正直に回答しましょう。かなりの借り入れがあるなら別ですがキャッシング会社によって審査はまちまちです。正直に話して貸してくれるところを探しましょう。

年収の嘘

年収のウソをついてしまう人がいます。源泉徴収票や収入証明書の提出を求められたらすぐバレます。

ただ、50万や100万以下なら収入証明書不要としているキャッシング会社も多いです。でも、年収のウソをついてまで借りて後で首が回らなくなるのは自分です。本当に年収が少ないのであればまず仕事や副業を考えましょう。


このページの先頭へ